風俗で働くなら業態を把握することから始めよう

実際のところ女性にとって風俗の仕事についてはわからないという人が多いのではないでしょうか。風俗の仕事と言えば普通の仕事に比べて高収入が得られることは知っているわけですが、具体的にどういうことをするのかというのは全然わからないでしょう。そうであれば、業態によって仕事が全然違ってきますので、あらかじめどういう業態があるのかぐらいは知るべきでしょう。

■まずは業態を理解するようにしよう

業態というのは風俗のジャンルに当たるもので、ソープランドやファッションヘルス、デリヘル、ホテヘル、イメクラというようなものです。業態によってどういうことをサービスとして行うのかということが異なっていますので、どういうことをするのかをあらかじめ理解しておくと共に、面接などでも質問をしてみるといいでしょう。業態によって仕事の内容が異なってきますので、業態について自分が困らないくらいの最低限の知識というのは獲得しておきましょう。

■ハードなプレイほど給料は高くなる

一番ハードなプレイが要求されるのはソープランドで、そういう業種は比較的給料は高くなる傾向にあります。それに比べてソフトなプレイの場合はお客さんから支払われるお金が少なくなりますので、給料としては低くなりがちです。

自分はどこまでプレイが提供できるのかという目線で見ていくとどの業態がふさわしいのかが分かってきます。自分が抵抗があるサービスがあるならば、避けなければいけませんので、そういう場合はそういうサービスが無い業態を選ぶ必要があります。

■業態という目線で風俗店を選ぶ

風俗の仕事を給料の高さや勤務先で選ぶということも悪くありませんが、一番大切なのは業態によって選ぶということです。業態によってやるべきプレイが違いますので、それによって選ぶのが一番いいです。

関連する記事