風俗で働きたい時の面接場所はどこになるのか?

広島に限らず全国中で風俗店はあるわけですが、求人サイトから応募してどこが面接場所になるのかわからないという人もいるかもしれません。求人サイトに応募したら、風俗店側から伝えられるところに行けばいいじゃないかというのは当然のことなのですが、面接をただ受けるのではなくこれから仕事として通う可能性もありますので、どれだけ交通費や時間がかかるのかなどもチェックしておきたいところです。

■営業している店舗がある業態なら店舗の事務所が多い

風俗の中にはイメクラやピンサロ、ソープなどのように風俗店を構えている業態がありますが、そういう場合は店舗の事務所で面接を行うことが多いです。店舗を構えているのであれば、自分が働くところになりますので、自分の目でどういう感じなのかを見ておくといいのではないでしょうか。これから働くスタッフになりますので、求人サイトでは分からないことを聞いておくといいでしょう。

■店舗が無い業態なら喫茶店などで行うことが多い

風俗の業態の中にはデリヘルのように店舗が無いこともあります。その場合は働いている女性の待機場所や喫茶店などで面接を行うことがあります。面接官のスタッフは仕事に就いたときに接することもありますが、実際に働いているところまでは見ることができないでしょう。どちらにしても応募した時にどこで面接を受けるのかという指示があるとは思いますので、それに従っていけばいいのではないでしょうか。

■面接場所は応募した際に知らせてくれる

風俗サイトなどで応募をした際には、折り返しスタッフから電話やメールなどで連絡があります。その時に面接時間と場所について教えてもらえますので、それに従ってください。事前に場所については確認しておいてください。

関連する記事